すべてがPひゃらら

子供いらない派の僕と子供欲しい派の嫁との間に子供が生まれたらどうなるのかというアレ

子供ができて変わった事 時間とお金の考え方

乳児を我が家に受け入れると(というかまぁ子供ができたんだけど、養子でも同じかなぁと思うので)、まじで時間がなくなる。いま、息子が生まれる前の自分を思い出すと、まぁ結構だらだらむだな時間を過ごしてたもんだなと思う。そういう時間好きだし、しょうがないんだけど。


息子はかなりの時間を吸い取ってくるし、こちらの都合で待ってもくれない。だからいまは、息子の世話以外でやらなきゃいけない事があると、ぐずぐずしてないで、空き時間ができたらすぐに取り掛かってパッと終わらせる、そういう心構えが必要になってきた。


例えば、僕は筋トレが大嫌いだけど、体型維持や健康のためには必要なことだ。でも大嫌いなものは大嫌いだから、やらなきゃなーと思い始めてから実際にやり始めるまで、以前は30分くらいグズグズ、グダグダしてた。でもいまはパッとやる。なぜなら、パッとやらないと、へたすると息子のせいでその日筋トレできなくなるから。そんで1日の終わりに後悔する事になるから。チャンスの女神の前髪が見えたら一瞬でパッと掴んでガッと手繰らなきゃいけないのだ。


もうひとつ意識が変わった事に、お金の管理がある。前から資産運用の意欲は強い方だったけど、子無しの頃はFXのデイトレだけやってれば満足だった。あれは余裕資金の一部を弾薬として持って、一定時間戦場に乗り込んで戦うゲームだ。


でもいまは、余裕資金全体を今後どうやって守って(あわよくば増やして)いくかを真剣に考え始めた。子供の成長過程で相当量の弾薬が必要になるのはもうわかりきった事実だ。僕が一握りの弾薬を抱えて戦場に乗り込んで、いくばくかの戦利品を持ち帰って喜んでる場合じゃない。いや、それも決してダメじゃないんだけど順番としては後でしょ、まず火薬庫の安全を確保しましょうよ、事故や災害や襲撃から、中の弾薬を守って(あわよくば増やして)いく包括的なプランを考えましょうよ、話はそれからよ。そういう意識が急に強力に芽生えた。


全然詳しくなかったもんだから、そもそもお金とは?日銀とは?政府とは?日本の将来だいじょうぶ?そういうのから調べた。(ここまでやる必要はなかったかもしれない…。)


『先のことはわからない』では済まされない義務感とでも言おうか。何があっても息子を無事に一人立ちさせる、そのために今できるベストの資金管理は。これを、今後20年、常に見直しながら考えていかなきゃいけないんだな。体力的にもそうだけど、頭脳的にも本当にこういう強制労働増えた。あいつまじで暴君だわ…。