すべてがPひゃらら

子供いらない派の僕と子供欲しい派の嫁との間に子供が生まれたらどうなるのかというアレ

子煩悩ってなんだろう

息子かわいくなってきた。ほっぺを触られるのと、足首を持って股関節を曲げ伸ばしされるのが好きみたいだ。機嫌の良い時にこれをやると笑う。その顔が最高にかわいい。機嫌悪いと何やっても泣くんだけど。


自分でも息子をこんなにかわいいと思うようになるとは思ってなかった。生まれてくる子供に対して冷めた気持ちしか持てなくて、子煩悩パパになれたらどんなに良いだろう…と思ってた僕にとっては嬉しい誤算。


でも、子供の養育義務に対する重苦しい気持ちは別に消えてない。減ってさえいない。かわいさと重苦しさを兼ね備えた息子は、なんだか前よりも難儀な存在になったなと思う。貸借対照表でいうと資産と負債の両方が増加した感じ。食い物でいうとフグはうまいけど毒がある感じ。


ここまで書いてふと思ったけど、子煩悩パパってのはこの負債をも収益に振り替えられる、フグ毒をも栄養として吸収できる、そういう父親の事を言うんだろうか。世のパパ達がそんな粉飾決算上等の範馬勇次郎ばかりだとしたら驚くわ。


https://matome.naver.jp/m/odai/2144128950581148101/2144135980327582003


やっぱり僕には無理だろうな。…と思うけど、いま予想に反して息子をかわいいと思えてるんだから。もうワンチャン、予想外のことが起こってもおかしくないのかな。もう少し定点観測してみる必要がありそうだ。